その時、26階で

地震発災当時三軒茶屋のキャロットタワー最上階のカフェでmaikoと打ち合わせ中でした。

高層ビルなので揺れが増幅してすさまじく、正直一瞬死を覚悟しました。

阪神で被災経験のあるmaikoはトラウマから恐怖感が強かったようでポロポロ涙をこぼしておりました。衝立や食器棚が崩れ落ち、その音で恐怖感倍増でした。

一応防災士の資格を持っている私は、凍り付いてる皆に大声でテーブルの下に入るよう声をかけ、心配ないよと励ましておりました。

揺れがおさまってからも、余震があるから注意するよう呼び掛け、安心するよう言いました。
高いところゆえ見晴らしがよいのですが、西のほうで火事らしい黒煙がもうもうと上がっているのが見えました。

30分ほどしてから残っている皆を誘導して非常階段を26階分おりました。
ふくらはぎが痛いです。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する