ヴェロニカ・マーズ[ザ・ムービー]

あのヴェロニカ・マーズが映画になった!

アメリカで2014年3月14日に公開され、また、同日よりワーナー・オンデマンドで配信されているそうな。

マウスコンピューターで新しくPCを買ったら、U-NEXTの30日無料トライアルがついてきて、500円分のポイントがついてたので、何か見ようと検索してたら、、、発見!

ヴェロニカ・マーズファンなら迷わず見るでしょ。

シーズン3の最終回、えーーー、これで終わりというフラストレーションから検索しまくり、視聴率低下のため打ち切りになったということ、お蔵入りになった映画版の予告編で、FBIの捜査官になったとかまでは追えたが、結局それで終わり。

もう続きはないかととっくにあきらめていたが、映画になったって。
まずは無料の予告編を見る。

あれれ、FBIになってないや。それとは別のストーリーね。
ふーん、弁護士になったんだ。

まあでも、ヴェロニカ・マーズ映画版ですよ。有料でも見ますよ。

これからさきは、ネタバレも多少あるので、この映画版に期待する人は読まないでね。





女子高生探偵、女子大生探偵。ドラマ版の撮影当時から二十歳をはるかに超えていたクリスティン・ベル、さすがに間が空きすぎていた。舞台自体、9年後の設定なんだけど…

向こうの人って歳行くと体系がすごくなるのね。容姿も体系も劣化しまくり。
懐かしい面々、お父さん、ローガン、マック、ウォレス、ウィーヴィルと、みんな歳とったなー。
唯一年齢を感じさせなかったのはヴィニー・ヴァンロウだけ。

おなじみのナレーション、おなじみの展開、期待に胸ふくらませてみたのだけど、
惜しむらくはストーリーもなんだか「あの人は今」の寄せ集めみたいな、ドラマ版のファンを懐かしがらせるだけでなく、もうちょっと完成度高めてほしかったな。

ドラマが打ち切りになってから、クリスティン・ベル本人が資金集めに奔走して、自身もプロデューサーに名を連ねての映画化だったけど、5年、いや、もう3年早かったらな。違うストーリーでできたんだろうけど。

まあ、ドラマの2話分の時間では、あれこれはできないかしらね。

なんか、、、

でも、ヴェロニカにもう一度会えてよかった。

タグ : ヴェロニカ・マーズ 映画版 ヴェロニカ・マーズ[ザ・ムービー] クリスティン・ベル

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する