あのロン・カーターの前で「枯葉」を…

お陰様で、本日の銀座ノーバードでのライブをもって、半年間にわたるジャズバイオリニストmaikoの4thアルバム“Hope”リリース記念ライブ、千秋楽を終えました。
ファイナルにふさわしい素晴らしいライブとなりました。

レコーディングからレコ発、ツアーを通して、息もぴったり、素晴らしいバランス・アンサンブル、相乗効果も最大限に素晴らしいトリオでの演奏。バンドでの今年1年を締めくくる最高のパフォーマンスでした。

初出演の銀座ノーバードもいいお店でした。
ここでサプライズがありました。

ちょうどツアーで来日中のロン・カーターが、ドラマーのルイス・ナッシュとともに来店していて…
今日はオフだったそうで、食事だけして、ライブスタート前には帰るという事だったのですが、ちょっとだけだけど聴いて行こうとしばらく残ってくれて、2曲だけ聴いてくれました。
オープニングはHope収録曲のオリジナル「祈り」、2曲目が「枯葉」。

演奏の途中で帰って申し訳ないと伝えてくれ、と、お店のマネージャーに言づけて帰って行ったそうです。ロン・カーター、いい人や。(^^)

さすがにロン・カーターに聴かれているという事で、あの巨匠、宮野弘紀さんですら緊張されたとか。いつものトリオとあきらかに違う。そんなもんなんだなーと意外でした。

ともあれ、いいライブでした。

タグ : maiko ロン・カーター ジャズバイオリニスト ライブ アルバム

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する